週刊あにめ 
 created by めぎゅっち

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

カテゴリー

プロフィール

めぎゅっち

Author:めぎゅっち
FC2プロフ
http://pr.fc2.com/hayate/
mall
megyutti☆gmail.com
☆をアットに変えてくださいね。

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:*蜂蜜少女*

ブログ内検索

 

     
  週刊あにめ
少年サンデー&アニメの「ハヤテのごとく」と 「阪神タイガース」のことがほとんどなブログですが よろしくおねがいします。                 2007 6/24 open
 
     

スポンサーサイト  【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハヤテのごとく!(少年サンデー第42・43合併号)  【2009/09/19 22:37】 ハヤテのごとく!
合併号だと油断しているとすぐに週末になってしまいますね。私はまだ見ていないのですが、アニメ第2期も最終回を迎えたようです。気が早いかもしれませんが第3期が待ち遠しいですね(あるよね?)

別れと再会の間には・・・
第241話「アイギスの盾」
ハヤテの知らないアテネの時間。

  ---ネタバレ注意ーーー

アーたんに会おうとするハヤテと追い返そうとするマキナの話の続きと思いきや、10年前にハヤテアテネが別れた後に起こった出来事から始まりました。幼いアーたん、初登場の頃と少し感じが変わっていますね。

庭城から出てきて眠っている間に、庭城への道が閉じてしまったと語るアテネ。その横には三千院の姿が・・・
フリギアの碑文を解読してロイヤルガーデンへの道を開いたのですが何者かによって閉じられてしまったようです。

の手には王玉が6個持たれていますが、石には障壁があって千年に一人の御祓いの天才とかがいないとお手上げのようです。千年に一人の天才が白皇学院の生徒にいるんですけどね・・・

アテネ、姫神の3人は神の力を求めた重罪人、3人は、庭城の王族の力を手にする事は出来ず、アテネは罰を受けたようですが詳しい話は少し先になりそうですね。ロイヤルガーデンから出てきたアテネは、父と母が亡くなって失った天王州家をとりもどし守ってきたようです。何度となく名前を聞いた「姫神」ですが出番はまだなのでしょうか?


アテネのお屋敷の庭では、マキナハヤテが戦っています。マキナハヤテに蹴りを受け止められた時とは別人のような強さになってハヤテを追い返そうとします。
マキナの蹴りがハヤテに当たりそのまま石柱を砕き疾風は絶体絶命のピンチ!

人ではないモノが人を殺しても単なる事故だ。
アテネを守る為に戦うマキナの言葉の意味は・・・

と、こんなお話でした。

今週のクエスチョン
ケータイに加えて欲しい新機能はなんですか?

畑先生
A: とりあえずケータイと会話できる機能ですかね。エイダみたいな感じで。

ケータイと会話できると通話中ややこしいことにならないかな?
原稿の確認の電話がきた時「あと2ページです」とか答えたらケータイが「さっき真っ白って言ってたとか言われたり・・・
あと、性格とかも選べたら楽しいかもしれませんね。まんがのキャラで♪
神のみの桂馬は嫌だなぁー(笑)


アニメは終わっちゃいますが、関連商品たくさん出ますよ!
TCG第10弾(9月17日)、DVD&rai第2巻(9月18日)、ワタル&サキWithシスター ・ 咲夜&伊澄 キャラクターCD(9月30日)
10月以降も続々と新商品が発売されるようですね。
スポンサーサイト


| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tenkona.blog110.fc2.com/tb.php/417-cd4018ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。