週刊あにめ 
 created by めぎゅっち

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

カテゴリー

プロフィール

めぎゅっち

Author:めぎゅっち
FC2プロフ
http://pr.fc2.com/hayate/
mall
megyutti☆gmail.com
☆をアットに変えてくださいね。

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:*蜂蜜少女*

ブログ内検索

 

     
  週刊あにめ
少年サンデー&アニメの「ハヤテのごとく」と 「阪神タイガース」のことがほとんどなブログですが よろしくおねがいします。                 2007 6/24 open
 
     

スポンサーサイト  【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神のみぞ知るセカイ(少年サンデー第26号)  【2009/05/27 23:48】 神のみぞ知るセカイ
扉の「若木民喜」と書かれている上の四角の中の文字が、文字が印刷が潰れて読めません(涙)
そして、井駒みなみ編もいよいよクライマックスです!

FLAG53 陽当たり良好

  ---ネタバレ注意ーーー

七夕に行われる舞島祭です。桂馬みなみはいっしょに夜店で遊んだり、楽しそうにお祭りを楽しんでいます。なのに・・・エルシィは、ハヤテのごとく!でおなじみの?エイトっぽいお面をつけてたこやきを食べながら2人を追跡しています。

2人で歩いていると反対側から、悪友あっこと斉藤が歩いてくるのが見えます、慌てて桂馬の手を取ってみなみは逃げていきます。あれっ?あの2人は男の子と祭りに行くとか言ってましたよね・・・

なんとか見つからずに逃げ切れたようです。普通に話をしながら歩いていると、手をつないだまま、っていうことに気付きます(笑)
慌てて手を離そうとしますが、桂馬は離したくないみたいです。仲良く手をつないで、祭りのクライマックス「お焚き上げ」が始まる境内に向かいます。

願い事の書かれた短冊のついた笹の束を燃やすと神様に願い事が届くと言う神事。
桂馬みなみ
「何か願い事をする?}
と訪ねますが
「別にいいです・・・」
という返事です。

去年は(水泳の)大会に出られるようにお願いしたけどダメだったみなみ、燃え上がる笹をじっとみつめています。
そして祭りの終わりを告げる・・・放送?・・・こけそうになりました(笑)
花火とかのコマがあれば綺麗だったかもしれませんが、大人の事情があるんでしょうね・・・

水泳の選手にもなれなくて終わってしまった水泳に打ち込んでいた日々・・・
初恋の先輩と始めてのデートで一緒に歩いた夏祭り・・・

みんな終わっちゃった・・・

悲しむみなみを置いて歩く桂馬・・・
「先輩、帰っちゃやだー!!」
追いかけて抱きついてくるみなみに桂馬

「いくつもの終わりがあって、いくつもの新しい世界を見て・・・
ボクら・・・
大人になるんだ。」

「でも安心して・・・終わっても、残ってる!!
すべての終わりが、」みなみちゃんの力になる!!
ボクもずっと・・・
みなみちゃんを見てる!!
だから心配しないで。
前に進むんだ!!」

みなみちゃんの心の隙間は埋まり、駆け魂も無事に回収しました。


翌日、みなみは再び泳ぎ始めます。以前のように沈んだ表情でなく、水泳を心から楽しんで・・・

と、こんなお話でした。

今週のクエスチョン
お袋の味・・・・・・といえば何ですか?

若木先生
A: 超ウス味のそーめんツユ。

もう少しページがあれば・・・
って、今回も感じました。
文系の人は行間を読んで、みなみの心の変化や成長を読み取れるのでしょうが、私はこれを書くのに10回くらい読み返しました。(それでもこんな文章なんですが・・・)

何故駆け魂が入ったのか・・・
心の隙間の原因は?

自分の読解力の無さに嫌気が(笑)
今回も他所様のサイトの感想を読ませて頂いて勉強します♪
スポンサーサイト


| TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

テーマ:神のみぞ知るセカイ - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント
通りすがり様、コメントありがとうございます。

最後のイベントからkissまで、たたみかけるような桂馬の攻めには毎回鳥肌がたつような凄さを感じますね。
「君も僕を忘れる・・・」
の所では脳内に
「大人の階段上る♪」という歌が流れていました(笑)

【2009/05/30 09:14】 URL | めぎゅっち #- [ 編集]

今回の話は何だかんだで桂馬のこの切なそうなセリフが凄く印象的でしたね
「君も僕を忘れる…」
これはきっと演技じゃなくて本心から出た言葉なんだろうし、桂馬も色々思い詰めてるんだろうな
【2009/05/28 00:59】 URL | 通りすがり #LhwO.LNM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tenkona.blog110.fc2.com/tb.php/364-ae8968d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。